COLUMNロジザード ノウハウ EC・物流コラム

  • Webミーティング・電話でのヒアリングを積極的に承っています。
  • IT導入補助金

物流やEC(ネットショップ)、在庫管理に関連したロジザードのオリジナルコラムです。
在庫管理の基本的な方法から効率化するポイントをロジザードのノウハウ、ロジザードの視点でご紹介します。

2016/05/15 専門用語

物流用語:ロケーション管理

【 英語 】 Location management

ロケーションとは、物流倉庫において商品を置く「場所」のことを指します。ロケーション管理とは、この「場所」にどの商品が何個あるのか、場合によってはどの状態(A品、B品、訳あり品など)の商品が置いてあるのか、を管理・把握することです。
商品を出荷する際に保管場所から商品を取りだす「ピッキング」という作業では、「ピッキングリスト」というピッキングする際の指示書を活用します。この指示書の中に商品が保管されているロケーションとピックする個数が記載されているため、商品を探しまわることなく、指定のロケーションに行くことで商品を見つけることができます。
また、注文のきた商品の場所がわかることで誤ピックを減らす効果もあり、誤出荷や在庫差異の発生を防ぐことにも役立ちます。

在庫管理におけるロケーションの管理方法・考え方は固定ロケーションフリーロケーションの2つです。

ロジザードスタッフより

企業様によっては、複数の倉庫で商品を管理する場合の「倉庫」のこと、同じ倉庫内でもエリアを分けて管理する場合の「エリア」のことを「ロケーション」と呼ぶこともあるようです。ロジザードでは棚の仕切られた一つの置き場所のことを指しています。