ロジザードZERORFIDオプション機能

物流現場の作業効率を大幅UPする新機能

資料請求・お問い合わせはこちら

RFIDが業務効率化と
生産性の向上に貢献します

RFID(Radio Frequency Identification )は電波(電磁波)によってモノや人の識別、情報の保管、出力を可能にする技術です。

無線通信を利用して非接触で情報を「読み書きできる」ことから、物流拠点などの「在庫品を管理する際の業務効率化」や、アパレル業界での商品の再生産〜店舗再入荷までのリードタイム短縮などの「生産性の向上」に寄与するソリューションとして、様々な分野で注目を集めています。

RFIDが持つ5つの特長と
メリット

RFIDは電子情報を記録するICチップ入りの「RFタグ」を商品に貼り、「RFIDリーダーライター」情報を読み取ります。従来のバーコードも専用のスキャナで情報を読み取るという点では同じですが、RFIDにはバーコードには無い優れた特長とメリットがあります。

導入を検討されている方はご紹介する「5つの特長とメリット」が業務にどう活かせるか、ぜひイメージしてみてください。

  • 01
    一度に複数読み取れる

    一度に複数読み取れる

    バーコードは1点1点読み取る必要がありますが、RFIDは一括で情報を読み取ることができます。この一括読み取りができることを「アンチコリジョン(衝突防止)」と言い 、商品点数が多い物流現場で業務の効率化に貢献します。

    特長がもたらすメリット

    少人数での作業が可能

  • 02
    読み取り範囲が広い

    読み取り範囲が広い

    読み取り範囲は使用する電波帯域、もしくは周波数帯に依存しますが、数cmから10m程度は読み取れます。読み取りはバーコードやQRコードのように「当てる」というより、「かざす」だけで読み取りが可能です。

    特長がもたらすメリット

    読み取り作業の簡略化

  • 03
    透過性がある

    透過性がある

    RFIDは「電波を使ってタグの情報を読み取る」ため、目視できなくても問題ありません。RFタグが見えない場所(例えばダンボールのような「電波透過物質」の中)、またはその後ろにRFタグがあっても読み取りが可能です。

    特長がもたらすメリット

    梱包状態で検品が可能

  • 04
    耐久性が高い

    耐久性が高い

    RFタグの加工の仕方にもよりますが、耐久性が高いことも特長です。経年劣化に強く、タグに多少の汚れや傷があっても読み取ることができます。

    特長がもたらすメリット

    管理の煩雑さの解消

  • 05
    情報を書き換えられる

    情報を書き換えられる

    バーコードは一度作成した情報を修正できませんが、アクセス方式によってはタグの情報を上書きすることも可能です。

    特長がもたらすメリット

    情報の更新性が高い

RFIDオプション機能の
導入事例

ロジザードZEROのRFIDオプション機能を導入、ご活用いただいているお客様の事例をご紹介します。

  • 約3万点の入庫検品を正味2日間で達成!

    RFIDは電波で通信するのでバーコードに接触させることなく、段ボールの中のタグも一括で読み取ることができます。ただし「電波の反射など」の干渉があるため通信の癖を克服するため検証と工夫を重ねました。

    その後、約3万点の商品を3台のRFIDリーダーライターで入庫検品を行ったのですが、1週間程度の作業時間を見越していたのに正味2日間で作業が完了しスタッフ全員が本当に驚きました。検品作業の結果についても満足でき、ホッとすると同時にRFIDの可能性を強く感じました。

    RFIDによる入庫検品テスト
  • リードタイムを短縮、販売機会損失を減少!

    RFIDの導入によって運用的な面では入庫が早くなりました。荷受時間の短縮に、店舗〜倉庫への出荷と入庫も素早く正確にできるようになりました。

    また、再入荷のリードタイム短縮を実現できたので、売れ筋商品の販売機会損失の削減ができました。アパレル製品は、販売できるタイミングや旬が限られているので、売れ筋商品の見極め→再生産→再入荷ができれば、販売機会損失を防げて在庫リスクも減らせます。これがRFIDの導入で最も期待できるメリットではないでしょうか。

    RFIDによる入庫検品テスト

ロジザードZEROのRFIDオプション機能を一緒に作り上げていただいた、
株式会社S-PAL様の詳細な導入事例はこちらから。

株式会社S-PAL ご担当者様

株式会社S-PAL 様

倉庫として、荷主さんからデータをもらったあとの、入荷・出荷の流れがどんな商材でも一緒になるため、新しい案件も稼働しやすいです。そして何よりサポートが良いです。サポート力が全然違います。

機能説明

RFIDリーダーライターの読取結果をWMSと連携

ロジザードZEROのRFIDオプション機能を使ったWMSとの連携によって、「RFタグ用採番 / 入荷検品 / 出荷検品 / 棚卸 / 商品検索」といった商品管理業務の効率化に貢献します。

  • RFタグ用採番
  • 入荷検品
  • 出荷検品
  • 棚卸
  • 商品検索
  • RFタグ用採番

    ロジザードZEROにて12ケタのシリアル番号を商品毎に採番、RFタグ向けの固有識別番号を付与する機能を備えたラベル発行ソフトが取り込めるファイルを出力します。RFタグは、ラベル発行ソフトを通してRFIDラベルプリンタから発行が可能です。

    RFタグ用採番 機能フロー
  • 入荷検品

    ハンディターミナルの代わりに、ロジザードZEROのRFIDアプリとRFIDリーダーライターで一括検品が可能です。検品後に在庫計上される際の一時保管ロケーションは事前に設定、変更が可能です。

    入荷検品 機能フロー
  • 出荷検品

    ロジザードZEROのRFIDアプリとRFIDリーダーライターで出荷検品をします。帳票の後発行が可能、1注文複数商品の注文の検品に便利です。

    出荷検品 機能フロー
  • 棚卸

    ロジザードZERO管理画面より、行いたい棚卸方法として全棚卸か部分棚卸を選択し、棚卸を開始します。ロジザードZEROのRFIDアプリから棚卸をするロケーション範囲を指定してから棚卸を開始します。範囲を指定しながら棚卸ができるため、在庫差異が起きているロケ―ションをすぐに確認できます。

    棚卸 機能フロー
  • 商品検索

    アプリで検索する商品コードを選択、RFIDリーダーライターで商品を探す機能を実装。商品に近づくと音が鳴り、さらに近づくと音が速くなります。画面にも色付きの丸印が表示され、商品の距離ごとに色が変化し「遠い・近い」を表現できます。

    商品検索画面 機能解説図

対応機種のご紹介

  • AsReader ASR-L251G

    GUN-TypeAsReader ASR-L251G

    開発/提供:株式会社アスタリスク

    1台でバーコード・二次元コードとRFタグを読み取ることができるコンボモデル。指向性に優れた高利得アンテナ搭載で、RFタグの読み取り距離10m以上を誇る超ロングレンジに対応します。スマホに装着することで誰もが直感的に操作できるのが特長で、有線接続なのでBluetoothのようなペアリングの必要もありません。

    スペック

    送信出力 1W(5dBm~30dBm:1dBm単位で調整可能)
    読み取り距離 0~12m以上 ※1
    読み取り速度 1秒間に1000枚以上 ※2
    機能 読み取り/ 書き込み / ロック / 消去
    • ※1 RFタグの種類やご使用環境により異なります。
    • ※2設定や環境によって異なります。

    詳細はこちら

資料請求・お問い合わせ

クラウドWMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」の資料請求・お問い合わせはこちらのフォームから承ります。

以下の項目に必要事項をご記入後、「確認」ボタンをクリックしてください。

RFIDオプション機能

例:ロジザード株式会社

例:山田 太郎

例:03-1234-5678

例:sample@logizard.com

例:連携予定のシステムについて相談したい。/店舗との在庫連携ができるか知りたい。

個人情報の取り扱いに同意する必須

個人情報の取り扱いについては「個人情報に関する公表事項」をご覧ください。