オムニチャネルで店舗在庫もECで受注!ロジザードOCE

ロジザードZERO・ロジザードZERO-STOREで
在庫の見える化ができたら、効率化、自動化を検討しませんか?
各拠点の在庫を最適に引き当てすることで、
販売機会を最大化できます。

お問い合わせはこちら

オムニチャネル支援ツール「ロジザードOCE」
で配送・受け取り方法を進化!

ロジザードZERO・ロジザードZERO-STOREと標準連携!
あなたの会社に合わせたオムニチャネル実現をお手伝いします。

ロジザードOCEは、クラウドWMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」、クラウド店舗管理システム「ロジザードZERO-STORE」と標準連携したオムニチャネル支援ツールです。WMSや店舗管理システムを導入し、在庫のフォロー(配送)体制が整い、在庫の見える化をしてオムニチャネルの準備ができた方、オムニチャネルを実現して在庫連携の自動化を目指す企業様に向けたサービスです。

ロジザードOCE(オムニチャネルエンジン)システム構成

  • クラウドWMS(倉庫管理システム)シェアNo.1
  • 物流倉庫・3PL、自社物流どちらにも対応
  • BtoB、BtoC・混合形態どちらにも対応
  • 在庫管理機能に特化したクラウドPOS
  • 複数店舗を一元管理&分析機能
  • 店舗内の簡易ロケーション管理機能

ロジザードOCE3つの特長

シームレスな注文、受取に
在庫情報の一元化が必須です。

正確で迅速な在庫管理にこだわり販売機会を最大化

シームレスな注文・受け取りに在庫情報、在庫管理の一元化が必須です。ただ一元化するのではなく、販売機会を最大化するために、お取り置き・品取替え・不良品といった商品のステータスが反映された販売可能在庫をリアルタイムに管理する必要があります。

最適な引き当てアルゴリズムで物流を効率化します。

より迅速な出荷・配送が可能

ロジザードOCEなら物流の効率化を実現する仕組みもご提案。
例えば、店頭で客注商品があった際に調べたところ、店・倉庫双方に在庫があったとします。どこの在庫から供給するのが良いのか、店頭スタッフが悩むことがないよう、最適な引当てアルゴリズムを構築し、より迅速な出荷・配送を可能にします。

柔軟なシステム連携、
自動連携が求められます。

API対応を前提とした仕組みで、
既存の多様なシステムと柔軟に連携可能

ロジザードOCEは、フロントとなるECカートシステムや受注管理システムとの自動連携を想定した仕組みになっています。バックヤードの管理については、倉庫内にある在庫を管理するクラウドWMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」、各店舗の在庫を管理するクラウド店舗管理システム「ロジザードZERO-STORE」と標準連携しています。その他、基幹システムなどの在庫情報が必要なシステムとの連携につきましてもご相談ください。

店舗の在庫もEC販売可能在庫に!
「在庫」から考えるロジザードのオムニチャネル施策

ロジザードはお客様の目指すオムニチャネルに合わせてカスタマイズをご提案

一言「オムニチャネル」といっても、企業様によって商材や顧客(ファン)が異なるため、オムニチャネルの考え方や施策はそれぞれです。また、受注管理システム、販売管理システムといった基幹系システムとの連携方法は企業様によって異なります。お客様の目指す在庫情報管理、現在のシステム構成や運用フローを丁寧にヒアリングして、実現可能な在庫管理をご提案させていただきます。

APIの基盤も実装

各システムとのデータ連携の柔軟性

APIを利用して、リアルタイムに近いデータ連携が可能です。

販売機会の最大化

各システムとのデータ連携を基に在庫反映

全資産の在庫の場所、販売可能在庫数量を把握する事により、販売機会の最大化を図れるアクションが取れます。

iOSアプリによる販売員の支援

全方位での在庫検索、受注(客注)対応

SKU毎に在庫がある場所(店舗・倉庫など)を検索し、取り置き指示、受取方法の選択ができ、配送・受け渡しのステータス管理ができます。

最適な引当アルゴリズムを構築

自動引当アルゴリズム

貴社の要件に合わせた引当アルゴリズムを構築します。また、管理画面からアルゴリズムを編集できる柔軟性・可用性を維持します。

クラウドWMSロジザードZEROの経験・実績を背景にした
アルゴリズムの構築、在庫の位置と数量の管理には自信があります。

どのようなオムニチャネル施策を検討されているのか、お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

在庫管理から見るオムニチャネル
オムニチャネルはいきなり実現できるものではなく、それぞれ準備が必要です。

①注文・購入する場所、②受け取り場所、③在庫があるの場所の3点を軸に、初級・中級・上級に分けました。

  • 初級:オムニチャネルの準備
  • 中級:在庫のクロス管理
  • 上級:データ連携・OMO

  • バーコードで商品の単品管理をしている
  • 在庫管理により正しい在庫情報を把握できている
  • 商品マスタが整っていて、ECサイトと店舗と共通している
  • 店舗取り寄せ、ECサイトの予約受付の客注対応ができている
  • 店舗はフォロー在庫の配送スキームができている

  • 店舗は直営店、ECサイトは自社サイトを運営している
  • 在庫情報をデータ化、見える化ができている
  • チャネルをまたいだ在庫情報の共有、客注対応ができている

  • 各周辺システムと顧客・在庫情報が連携している
  • 顧客に合う、顧客が求める購買体験を提供できる

これからオムニチャネルを検討する、という方はぜひ「ロジザード式オムニチャネル準備診断」をご覧ください。

ロジザード式オムニチャネル準備診断

オムニチャネルの準備を「STEP1チャネル編」、「 STEP2在庫管理編」に分けてご紹介いたします。

STEP1 チャネル編

ECサイト、リアル店舗他、チャネルを複数運営していますか?

まずはチャネル展開をして、お客様との接点、タッチポイントを増やしましょう。

それぞれのチャネルにファン(顧客)はたくさんついていますか?

何度もご来店、購入をしてくれるファンを増やすことは、売上アップに直結します。店舗やECサイトのファンづくりに集中できるよう、物流業務の委託を検討してみませんか?

ファンの求める購買体験が何か、お客様視点でオムニチャネルの施策を考えていますか?

ファンがどのようなライフスタイルで、どのようなタイミングで購入にいたるのか、顧客分析をしてみましょう。特定のチャネルのみで購入している場合、複数チャネルあることをファンの方が知らないかもしれません。その場合はO2Oから始めてみましょう。

STEP2 在庫管理編

バーコードを使った単品管理は
できていますか

まずは商品1点1点にバーコードを付けて、商品マスタを整えることから始めましょう

在庫情報は90%以上
正確ですか?

在庫情報は10%ずれると、その情報を誰も信じなくなります。在庫管理の精度を高めるために、現場に合う在庫管理システムをご検討ください。
汎用性の高いロジザードの在庫管理システムがおすすめです。

客注対応はしっかりと
できていますか

客注だったのに販売してしまった、配送が間に合わなかった、といったことが起こる場合は、在庫情報の見える化ができていなかったり、フォロー在庫(在庫補充)の配送スキームに問題があるかもしれません。課題解決に困ったらお気軽にご相談ください。必要であれば最適な物流コンサルタントをご紹介いたします。

チャネル、在庫管理においてオムニチャネルに向けた準備ができました!
組織変革、社内評価制度改正を整えたら施策を実行していきましょう。

ご相談お申込みフォーム

ロジザードOCEに関するお問い合わせ・資料請求などお気軽にご相談ください。

以下の項目に必要事項をご記入後、「確認」ボタンをクリックしてください。

ロジザードOCE

例:ロジザード株式会社

例:山田 太郎

例:03-1234-5678

例:sample@logizard.com

ご利用中のロジザードサービス

例:『IT導入補助金』希望、店舗との在庫連携ができるか知りたい。

個人情報の取り扱いに同意する必須

個人情報の取り扱いについては「個人情報に関する公表事項」をご覧ください。