COLUMNロジザードオリジナル EC・物流コラム

物流やEC(ネットショップ)、在庫管理に関連したロジザードのオリジナルコラムです。

2017/01/10 ECリアル店舗中級

今なにチャネル?オムニチャネルまでのステップ

最終更新日:2018年2月15日

omnichannel2_01.jpg

「オムニチャネル」の普及で「シングルチャネル」や「マルチチャネル」といった言葉も耳にするようになりました。〇〇チャネルって何?自分の会社は今なにチャネル?と気になりますね。こちらのコラムにて簡単にご説明します。

シングルチャネル

omnichannel2_02.png

1つの販売チャネルのみ運営、お客様との接点が単一の状態。 店舗のみ、また、近年はネットショップから参入する企業も増えているため、ネットショップのみの運営もシングルチャネルと呼べる。

消費者

1つの販売チャネルとの接点のみ。知名度は低いが限定感や特別さを感じると同時に不便さを感じる。

企業

店舗・チャネル拡大に向けて奮闘。

システムとしては店舗出店であればPOSレジ、ネットショップ出店であればカートシステムを導入、商品マスタの作成が必要となる。

マルチチャネル

マルチチャネル.png

複数の販売チャネルを運営。 店舗やECサイトのシングルチャネルから、カタログ通販、企業ホームページ、ソーシャルメディア、チラシ・パンフレット、テレアポ、テレビ通販、FAX、訪問販売、メールなど複数チャネルへ展開する。

消費者

例えば、ネットショップのみ運用していた企業がリアル店舗を出店することで、ネットショップを利用しない顧客層へアプローチができるようになる。今までネットショップでしか購入できなかった商品が店舗で触れるころとができるようになり、すぐに配送を待たずに手に入るようになる。

企業

チャネル拡大により、認知度・売上アップをはかる。

システムとしては各チャネルごとに管理システムが必要になる。

クロスチャネル

クロスチャネル.png

ネットショップで購入したものを店舗で受け取る、などの在庫がチャネルを横断(クロス)する動き。 各チャネルの情報を共有し合う。

消費者

商品の購入や受け取り等のチャネルの選択肢が増える。しかし、ポイントカードは各チャネルがバラバラのため、ポイントを分散させないように毎回同じチャネルで購入することが多い。

企業

他店や他チャネル・倉庫の在庫が見えるため、販売機会のロスを最小限に抑えることができる。過剰在庫を防ぐことにつながる。

システムとしては、各チャネルの売上を管理する基幹システム、注文を管理する受注管理システム、倉庫の在庫を管理する在庫管理システムを導入し、リアルとネットの在庫の整合性を取る運用。

オムニチャネル

オムニチャネル.png

顧客情報の統合を行うことで、お客様がチャネルを意識せず、シームレスな購買体験ができる状態。

消費者

ポイントや顧客情報が一元管理されているため、どのチャネルでも同じように商品を検討・購入できる。

企業

在庫情報統合と顧客情報統合により、総合的なマーケティングの実施を行うことができる。購入方法が多様になるため、組織変革や評価制度の見直しが必要になる。

システムとしてはCRM、全チャネルの在庫管理のできるシステムの導入が必要。商品マスタを統一させる、または統一させるためのツールやシステムの導入も検討が必要。

ロジザードスタッフより

いかがでしたでしょう。今なにチャネルかわかりましたか?次のステップ・目標は見えてきましたでしょうか。

オムニチャネル実現に向けて進めたい、けど何から手をつけよう...という方は、まず在庫情報の一元管理です。 WMS(倉庫管理システム)導入実績No.1のロジザードが提供する、オムニチャネルツール「ロジザードOCE(オムニチャネル)」をぜひご検討ください。