メーカー・通販事業 ロジザードZERO

在庫差異率がほぼ0%、在庫数の精度が大幅に改善。
性能とレスポンスの速さに助かっています。

株式会社I-ne
マーケティング本部カスタマーサポート部ロジスティクス課
課長 木村 勇介様

データ連携においてロジザードの献身的なサポートが印象的

―ロジザードとの出会いや導入のきっかけを教えてください。

物流の展示会でロジザードさんをお見かけしたこともあり存じ上げておりました。もともと自社物流をしていたこともあり、情報収集を目的によく展示会は行っていました。
導入のきっかけは3PL事業者です。現状物流業務を委託している3PL事業者がロジザードZEROを使っていまして、業務内容を説明してもらうときにロジザードさんもその場に同席されていました。委託を始めるにあたり、物流業務と併せてシステムの話もまとめてご提案いただきました。

当時は3PL事業者に業務委託するのが初めてで、データ連携には苦労しましたが、ロジザードさんの全面支援により稼働まで至りました。

在庫差異がほぼ0、在庫の精度が大幅に改善

―WMS導入前後の変化は何かありましたか。WMSの必要性について教えてください。

i-ne04.png

当時、自社物流ではWMSを使っておらず、3PLでの稼働がきっかけで自社物流でもWMSを使い始めました。
導入した効果としては、在庫差異率がほぼ0%、在庫数の精度が大幅に改善しました。入荷や出荷の検品も人力ではなくハンディターミナルを使ってシステム化されたので、入荷検品ミスや商品の誤発送が防止できたからだと思います。

WMSの必要性については色々と実感しているところがあります。在庫を管理する上でミスは絶対に許されません。購入していただくお客様の期待を裏切ってはいけない、また、会社の成長にともない、物流部門は「物流」だけではなく監査や会計に関してもより高度な基準をクリアしなくてはならず、システムでのより正確な管理が必要だと考えます。

相談、提案の関係性が導入時からずっと続いている

―ロジザードとの印象に残っているエピソードをお聞かせください。

印象に残っていることはたくさんありますが、一番はカスタマイズの相談で、柔軟なご提案をいただけたことです。ロジザードZEROの標準機能から弊社がこうしたい、こう使いたい、というのを相談させていただき、例えば「逆にこうした方がやりやすいんじゃないか」などとご提案いただくなどしながら、カスタマイズを加えてきました。かなりカスタマイズして利用させていただいているので、ロジザードとI-neの旧呼称であったイーネになぞらえて「イネザード(I-neザード)」と呼んでいたり。(笑)
標準のロジザードZEROの機能と一部違うと思いますが、弊社にとっては使いやすいようになっています。

物流業務に紐づいて、こういった帳票にしたい、販売チャネルごとにデータを切り分けたいなどといった他部署からの要望についても事前にできるかできないか弊社から相談し、ロジザードさんからご提案いただいて、という関係性が導入時からずっと続いています。

物流コスト削減・効率化に欠かせないデータ活用が可能

―ロジザードZEROのメリットはどのようなところで感じていただけていますか。

私たちの部署では、倉庫業務に関してはもちろん、物流業務の中でのコスト削減、効率化の部分を先回りして考えないといけません。例えば、出荷実績データをエクスポートして、そのデータを基に、コスト削減ができるポイントを探したりより効率化できるんじゃないかという戦略を練るうえでエビデンスとしてもロジザードZEROを利用するメリットになっています。

もともとエクスポート機能は充実していると思いますが、データ活用するうえで弊社が見やすいように、使いやすいようにカスタマイズをしています。

今後、より細かく業務進捗が追えるようになると良いのではないでしょうか。例えば、生産性管理までWMSでできると、「ヒト・モノ・カネ」がWMSで把握できるようになり、より細かい分析もできるようになると思います。

WMSの性能・レスポンスの速さならロジザードZERO

―最後にひとことお願いいたします。

ロジザードZEROをレコメンドするポイントとしては、WMSの性能が非常に高いこと、そしてレスポンスの速さです。
弊社がスピード重視の社風ということもあり、ビジネスパートナーとして、ロジザード様のレスポンスの速さには大変助かっております。

株式会社I-ne様 会社概要

株式会社I-neは「Chain of Happiness~商品を通じて、世界中を幸せにする~」をフィロソフィーに掲げ、ビューティーテックカンパニーとして世界中のボスに、イノベーティブな"アイディアとマーケティング"で幸せな体験を届けることをミッションとしています。 主力ブランドであるボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」をはじめ、美容家電ブランド「SALONIA」など、 AI活用によるトレンド先行型の新規プロダクト開発、自社ブランドの運営、商品企画、卸売・小売、販売広告戦略、流通までを一手に行い、グローバルに商品を提供する ビューティーテックカンパニーとして、幸せの連鎖がお客様、お取引先、地域社会、地球環境まで広がり、最大化することを目指して取り組んでいます。

商号 株式会社I-ne(アイエヌイー)
本社所在地 〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島6-1-21
代表 代表取締役社長 大西 洋平
設立 2007年3月
事業内容 1. 化粧品、美容家電等の美容関連商品や販売店の企画開発、運営、製造及び販売
2. トイレタリー及びヘルスケア関連商品の企画開発、製造及び販売
3. Eコマース事業
ブランド一覧 URL:https://i-ne.co.jp/business/brand/