安心の365日電話サポート。実績ナンバーワンの倉庫管理・在庫管理サービス「ロジザードゼロ」まずは資料請求を

ロジザードZERO クラウドサービスとしての歩み

ロジザードがクラウドサービスとしてWMS(倉庫在庫管理システム)を開始したのは2001年。

当時はインターネット環境がまだ未成熟で、ADSLすら普及が進んでいない頃に当時クラウドなんて言葉はまだ存在せず、ASP(アプリケーションサービスプロバイダー)としてサービスを提供していました。

かなり早い方だと思います。

 

クラウドとは、皆さんご存知のとおり、インターネット上(雲の向こう型)の世界から様々なサービス提供会社からサービスを使うこと。

 

・電気がどうやって使えるか、

・電話の仕組みがどうなっているか

 

なんてこと、知らない人がほとんどですが、システムも同じです。どうやって作られているか、どうやって提供されているか、なんて関係なく利用できるのがクラウドサービスの良い所です。 

 

つまり「システム構築」という大掛かりな世界から、

「システムを利用する」サービスの世界

に世の中は変わろうとしています。

 

 

ロジザードもクラウドサービス開始前は、1つのシステム会社としてクライアント・サーバ型(今で言うとオンプレミス)の方式でWMS(倉庫在庫管理システム)をお客様ごとにカスタマイズして導入する方式をとっていました。

 

新しくWMSを入れるには1000万円から5000万円ぐらいの金額をいただかないとできない。

・サーバーを買ってきてセットアップし 

OSとかDB(データベース)とかセットアップし

・ロジザードAPというパッケージソフトをインストールし

・お客様の要件にあった機能を開発する。

 (といってもお客さまごとに微妙に違っているが、同じようなことを何回もやることが多い)

 

こんなことを6ヶ月から1年かけて開発し導入します。目の前のお客様の業務は改善できるものの、どうしてもお金は高くなっちゃうので大手企業様しか導入ができない。

 

また時間がかかるので開発している途中から

 

・新しい業務が増えたり、

・業務が変更になったり、

・作り上げてる途中でその業務がいらなくなったり、

 

とどうしても無駄も多く発生していました。改善効果でるまで1年以上かかるなんてこともザラにあります。

また、お客様にとっては欲しくもないハードウェアとかの更新が必要で、定期的に大きな出費が必要になってしまう。

 

WMS(倉庫在庫管理システム)は効果の割に高い」

 

という一般的な常識でした。このままでは限られた大手顧客しか業務改善をできない。

 

当社の創業者である金澤は「もっと多くの顧客の在庫管理をできるようにしたい。」

という思いから、当時は革新的であった、インターネットでソフトウェアをレンタルするASPという方式でWMS(倉庫在庫管理システム)のサービスを開始しました。

 

 

もちろん当初は問題や課題も山積みでした。

 

・インターネット回線が遅いので使いにくい。

・インターネット上に、データを出したり、預けるのは不安。

・システムの専門知識の習得に時間がかかるので結局利用できない。

・物流現場には無線ハンディターミナルが必要になることが多い。けど機器が高い。

 

というデメリットがあげられます。

 

当社は17年以上かけて、コツコツとやってきました。

 

・安価に利用できる料金体系を作ったり。

・インターネット回線が多少遅くとも使えるソフトウェアの工夫。

・ソフトもレンタルならハードもやってみようということで、業界初のハンディターミナルのレンタルサービス

・クラウドサービスなのに、しっかりした導入支援を行い現場の立ち上げを支援する作業支援メニューの充実

 

これらを1つ1つを目の前のお客様とともに、確実にこなすことで、今では1,000社超のお客様の現場にWMS(倉庫管理システム)を導入することができました。

 

そのほとんどのお客様がWMS(倉庫管理システム)を導入したことがない会社様ばかり。

 

物流現場にはそんなに大きな投資ができないので、WMS(倉庫管理システム)は大手企業しか導入できないものと諦めていた中小企業様にクラウドWMS(倉庫管理システム)としてロジザードはご採用が続いています。

 

 

今ではインターネット環境は劇的に改善し、ハードウェアのスペックも相当安価になってきています。 アマゾンのAWSをはじめ、手軽にクラウドサービスを開始できる業者が増えているので、WMS(倉庫管理システム)ももっと普及していくことだと思います。

 

クラウドサービスの良い点は、

 

「1顧客―1システム会社」 

 

の関係から、

 

「複数顧客―システムサービス会社」

 

という関係になること。

 

多くのユーザ様が色々な現場で、みんなが使うことにより以下のようなメリットがあります。

 

・大きな投資せず安価に開始でき、費用対効果が高い。

・定期的なバージョンアップがあるので、システム開発投資をしなくても現場改善できる。

・ハードウェアやソフトウェアの老朽化や定期メンテナンスなど更新にかかるお金や作業はクラウド業者がサービス提供の一貫でやってくれる。

・不要なタイミングでやめることもできるし他のサービスに乗り換えることもできる。

・導入が早いので システムの効果を早く享受できる。

 

昔はなんで、クラウドでWMS(倉庫管理システム)提供していて、どんなメリットがあるかを説明していましたが、今や多くのお客様からの依頼は

 

「クラウドでWMS(倉庫管理システム)を提供しているところを選定したい。だから昔からやってるロジザードさんにお願いしたい。」

 

というありがたいご要望をいただくまでになりました。

 

時代はクラウド。もはやこのメリットを説明することすら少なくなってしまいました。

WMS(倉庫管理システム)もクラウドサービスが当たり前になりつつあります。

 

 

 

2017年2月6日

営業部部長 亀田 尚克

このページのトップに戻る