在庫管理

本部と店舗(事業所)を繋げる、店舗の在庫管理機能です。

本部・管理者

  • クラウドで売上、在庫状況をリアルタイムに把握
  • 全店の情報を一括管理
  • 簡単に在庫・売上集計、データ抽出

店舗・販売員

  • iPhoneで簡単に売上・在庫登録作業
  • 後日共有される集合レジの売上額と差異がないか確認
  • 在庫管理の精度が上がる

アプリのカメラ機能で簡単スキャン

アプリのカメラ機能で商品のバーコードをスキャンすることで、リアルタイムに在庫状況が把握できます。
物販を行う小売店において、「今どこにどの商品がいくつあるか」を素早く簡単に確認することができ、高速スキャンで棚卸も時間短縮に繋がります。

お客様のお声を機能に

定期的なバージョンアップで機能を追加しています。

バックヤード・店頭の在庫をロケーション管理

ロケーション管理(ブロック単位)

在庫がバックヤード、店頭のどちらに置いてあるのか管理ができます。バックヤードに取り置きブロックを作ることで、取り置き商品の管理もできます。

事業所別の商品マスタで入れ単価が異なるものの管理が可能

事業所別商品マスタ

各店の仕入れ先が異なる場合、店舗(事業所)毎に仕入れ先、仕入れ単価が異なるものの管理が可能です。実績を分けて集計できるほか、買掛の情報に活用できるデータ出力ができます。

店舗で発注登録⇒本部で内容の確認・承認で発注の一元管理

発注一元管理

物流倉庫へ発注依頼をする際は、店舗で発注登録すると自動的に倉庫(ロジザードZERO)に出荷指示データが作成されます。(本部で承認してから出荷指示データを作成する設定も可能です)
ロジザードZEROと連携している場合に限ります。

店頭の社員・アルバイトなど閲覧できるメニューが制御できる機能

閲覧権限設定

本部、各エリアマネージャー、店頭の社員・アルバイトなど、閲覧できるメニューが制御できます。

事前に部分棚卸、本棚卸の際にデータを反映させる機能

事前棚卸

ストック、資材など動きの少ない商品・商材を予め棚卸し、本棚卸の際にデータを反映させる機能があります。高額商品など、毎日在庫確認をしたい商品の在庫確認にも利用できる機能です。

各店のセールに合わせて、予め商品価格を予約する機能

売価変更予約

各店のセールに合わせて、予め商品価格を予約変更する機能です。

シンプルで見やすい画面

わかりやすい操作画面で、店舗のスタッフの方にも簡単にお使いいただけます。

事業所機能

他店舗在庫照会

お客様に商品の在庫があるか聞かれた際、小売店のスタッフの方はスマホで検索してその場でお答えできます。

今いる店舗に在庫が無かった場合も、どこの店舗にあるのかリアルタイムに確認することができます。

事業所機能

発注登録

店舗の在庫補充が必要な際、小売店のスタッフの方は店舗から物流倉庫へ発注を依頼します。

商品IDや商品名、カテゴリーから検索して、簡単に発注することができます。

管理機能

各種実績照会

本部では、どの店舗に何個入荷したかを一覧で確認できます。

詳細画面では、入荷した商品の詳細情報を確認することができます。

小売店ではこんな使い方ができます

物販をする上で必要な機能を、在庫管理のプロであるロジザードが工夫して実装しています。
POSレジだけでは管理の難しい在庫管理機能に特化した小売店向けの店舗管理システムです。

バックヤードの客注商品をデータで管理

客注(予約・取り寄せ・取り置き)の商品は他の商品とは一緒に保管をせず、客注専用のバックヤードスペースで管理をされるでしょう。ただ、データ上では販売前の商品のため、在庫があるように見えてしまうことに課題を感じていらっしゃる方もいらっしゃると思います。ロジザードZERO-STOREでは、ロケーション管理の機能があり、データ上で客注商品を「非在庫品」として表示することができます。そのため、客注商品を誤って在庫品として販売してしまうようなことを防ぐことができます。

レジを締めなくても棚卸が可能

ロジザードZERO-STOREは在庫管理機能とレジ機能が切り離されているため、レジを締めなくても事業者様の都合の良いタイミングで棚卸を行うことができます。お店が開店中のアイドルタイムに、部分的に棚卸を行うこともできるので、小売店のスタッフさんは時間を有効活用できます。

よくあるご質問

店舗での在庫管理について、よくあるご質問をまとめました。

アパレル企業なのですが、同じ商品番号で色やサイズ別の管理はできますか。

A.できます

ロジザードZERO-STOREは、商品マスタに色やサイズなどの項目を自由に2つまで登録することができます。商品マスタの項目を活用することで、一つの商品IDで色やサイズが違う商品も、管理することができます。

また、バーコードを発番することもできます。バーコードラベルの発行についてはご相談ください。

食品を販売しているのですが、賞味期限管理やロット管理はできますか。

A.ご提案します

賞味期限・ロット管理をする場合、販売をするタイミングでどの賞味期限・ロットNo.の商品を販売したのか履歴をとる必要がでてきます。忙しい売り場で毎回賞味期限やロットNo.を打ち込むことは現実的でないため、ロジザードZERO-STOREには賞味期限・ロット管理機能を実装していません。管理が必要な場合は、物流センターから出荷する際に履歴をとり、なるべく1回の出荷に同じ賞味期限・ロットNo.の商品を発送することをおすすめします。

システムに詳しくないのですが、利用できますか。

A.ご安心ください

ご不明な点があった場合は、365日お電話にてサポートを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。シンプルでわかりやすい画面なので、システム担当者がいなくても、店舗の方も本部の方も簡単にご利用いただけます。

サポート受付時間:
平日9:00~19:00、土日祝10:00~19:00

簡易資料ダウンロード

2020年1月版

簡易資料(A4両面)のダウンロードをご希望の方は、下記フォームにメールアドレスをご入力ください。
ご入力・送信後、ご記入いただいたメールアドレスへダウンロード用URLをお送りします。
詳しい資料をご希望の際はお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

以下の項目に必要事項をご記入後、「確認」ボタンをクリックしてください。

ロジザードZERO-STOREチラシ

個人情報の取り扱いに同意する必須

個人情報の取り扱いについては「個人情報に関する公表事項」をご覧ください。